MENU

アロマセラピーでPMS改善

いろいろ試してみたけれど、生理前の体調不良であるPMSがよくならないという場合には、アロマセラピーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

近所のアロマショップや雑貨屋にいくと販売されていることがありますし、ネット通販でも必要なものをひととおり揃えることが可能です。

 

アロマテラピーでPMS対策

 

PMSになると、心身共にさまざまな症状が引き起こされる可能性がありますが、アロマテラピーならなんでもいいというわけではありません。

 

好きな香りをかぐだけでもリラックスでき、ストレスの緩和に役立ちますが、自分の状態に合った種類のアロマオイルでないと、思うようによい変化が感じられないことになりかねないのです。

 

症状別におすすめなアロマオイル

 

たとえば、PMSの原因の一つはプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの過剰分泌が挙げられますが、アロマオイルのクラリセージやゼラニウムはホルモンバランスが乱れているときに使用すると穏やかな気持ちになりやすいのです。

 

ほかにも、不安感がある場合にはマージョラム、ニキビが出た場合はカモミール、イライラ・不眠がある場合はメリッサがおすすめです。

 

それから、倦怠感や疲労感があって元気が欲しいときには、アンジェリカのアロマオイルがピッタリでしょう。また、憂鬱なときにはスイートオレンジを使うと、気分が安定するのに役立ちます。

 

PMSの症状はさまざまありますので、そのときに自覚している症状に応じて使い分けられるように、ひと通り用意しておくというのも悪くないでしょう。